うつ病テスト!チェックシートで診断!女性は特に要注意!

公開日: : 最終更新日: 2015/01/03 健康・医療 , 約 3分

ある日突然、
「あなたは、うつ病です!」
と診断されたら、かなり戸惑いますよね?!

もしかしたら、
「やっぱり …」
と思う人も、いるかもしれませんね。


Sponsored Link


そう言えば、ダウンタウンの松ちゃんが、
「軽いうつ状態になっていた」と語って、話題になった事もありましたね。

ちょっぴりオチャメで、陽気な管理人の姉も、
実は以前、軽い「うつの状態」になっていた事もあるんです。


うつ病(鬱病)」は、他人事ではなく、
あなたも発症する病気なんです!

是非とも、チェックシート診断を使って、
あなたの『うつ病危険度レベル』を、テストしてみてください♪


女性は特に要注意!

女性は男性に比べ、2倍 うつ病になりやすい!


一般的に、女性は男性に比べ、
ストレスを感じやすく、うつ病になりやすいとされています。

いったい、何が原因でそうなってしまうのか?

「割り込み型」の女性の脳

原因のひとつに、
「割り込み型」の女性の脳があるといわれます。

割り込み型の脳は、
同時に、色々な事を考える事ができるんです。

女性は、妊娠・結婚・出産・更年期など、
「環境の変化」「ホルモンのバランスの崩れ」
「精神的なストレス」などから、うつ病になりやすいんです。


「脳機能的ストレス」

「脳機能的ストレス」って、
なかなか聞かない言葉ですね。

チェックシートでうつ病診断テスト!


何かのキッカケで、ネガティブな気持ちになってしまうと、
「ストレスを感じたさまざまな事」を、
一度に思い出してしまう事ってありますよね!?

そのストレス情報が、女性の脳を支配してしまうので、
ストレス状況は、さらに強くなります。

これを「脳機能的ストレス」と呼びます。


うつ病の危険度

「どうも 気力が湧かない …」とか、

「なんか 気分がスッキリしない …」とか、

思い当たる事って、ないですか?

もし、こんな症状が、長く続いた場合、
「うつ病の危険度」が、高いかもしれませんよ。


うつ病テスト診断

では、さっそく「チェックシート」で、
「うつ病危険度レベル」を診断してみてください。



Sponsored Link


チェックシートでうつ病診!

下記のの項目に、あてはまる数が多いほど、
うつ病危険度レベルが高いと判断できます。

うつ病危険度 チェックシート

  • 憂うつな気分だ

  • 何をしても楽しくない。または 何かをしようという気が起きない

  • ひどく疲れやすいうえ、何かをするのがおっくうだと感じる

  • 考えが進まず、集中力と注意力が落ちた状態が続く

  • 自分は大したことのない人間だと思い、自分に自信が持てない

  • この世に価値のあるものなんて何もないと思える

  • 将来に希望がないと思い、悲観的な気分だ

  • 自傷や自殺を考えたり、実際に試したことがある

  • 寝つきが悪い・夜中に目が覚める・早朝に目覚めてしまう などの
    睡眠障害がある

  • 食欲がない


うつ病にならないためには

うつ病は 誰でも発症する病気です!


では、
うつ病にならないためには、どうすれば良いのでしょう?


それには、日頃の生活習慣が鍵となります。

よく眠り、よく食べて、規則正しい生活を送る事が大切です。

趣味を持つことや、心の内を話せる友だちの存在も効果的です。


内にこもって、ストレスをためないで、
発散するような生活をする事が大切です♪

できるだけ、
ポジティブに考えられるように、心がけていきましょう♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/01/03 健康・医療 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑