アルツハイマー病の予防方法!簡単にできる予防法は?食べ物は?!

公開日: : 最終更新日: 2015/01/03 健康・医療 , , 約 6分

アルツハイマー病と、生活習慣病ってどう違う?!

何?突然!
そもそも、なんでこの2つを比べるの?

アルツハイマー病との違いを比較するなら、
認知症でしょ!


確かにそうですね!

でも、生活習慣病と比べるのも、
あながち、間違ってはいませんよ!


その理由は …


Sponsored Link


アルツハイマー病は、
なるべく早期に発見して、進行を遅くすることが、
現在の治療戦略となっています。

「早期発見よりも前に予防でしょ!」
と思う人が、ほとんどだと思いますが、
アルツハイマー病の予防はできません!

正確には、
予防はできませんでした! すこし前までは…

しかし、

最近の研究で、
アルツハイマー病の予防方法が、分かってきました。


アルツハイマー病になりやすい要因

そもそも、遺伝を除いて、
アルツハイマー病になりやすいのは、どんな人か?

まず、そのあたりから見ていきましょう。

【アルツハイマー病になりやすい危険要因】

  • 糖尿病
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 中年期肥満
  • 中年期高血圧
  • うつ


これらを見て、何か気づきませんか?!


そうです、
「うつ」を除けば、いわゆる「生活習慣病の要素」なんです!


アルツハイマー病は、
生活習慣病の仲間に、近くなっているんです。



ですので、生活習慣病が改善されれば、
「アルツハイマー病の発症リスクを減らすことができる」と、
考えられているんです。


これらを、しっかりやることによって、
「アルツハイマー病のリスク」はもちろん、
「心筋梗塞や、脳卒中のリスクも下げることができる!」
というメリットもあります。



Sponsored Link


アルツハイマー病の予防方法

アルツハイマー病は、
神経細胞の数が減ることで、記憶を保持できなくなります。

神経細胞の数が増えれば
認知機能の低下を、抑えることができるのです。

そのために、
脳の運動を司る部分を、活性化してみましょう♪


「よし、わかった! 活性化ねっ!」


「・・・・・・・??」


「どうやって?」


(笑)



実は、の中で、
最も広い範囲を使っていることのひとつに、
指を動かす事があります。

ですので、
少し複雑な指の運動をして、脳の広範な部分を活性化し、
脳の神経細胞を増やすことによって、
アルツハイマー病の症状を、抑えていくことができるます。


超簡単にできる予防法

では、具体的に何をしたらいいのか?

誰でもできる「効果的な予防法」があるんです!
テレビを観ながらでもできる、簡単な予防方法ですよ♪

試しに、やってみてください!


■指の運動

「両手の指を、左右同時に同じ指を動かしながら、
1本ずつ、順に握っていきます。」


ちょっと、わかりにくいですよね?

アルツハイマー病予防 指運動(Step1)

   ↑
 こんな感じです!


「握ったら、順に開いていきましょう。」


これは、比較的簡単だと思いますが、
お年寄りの方なんかだと、意外と難しく感じるらしいです。


次は、バリエーションをつけて、
「左右の指を、1本ずつズラして動かしてみましょう!」

アルツハイマー病予防 指運動(難易度Up)

   ↑
 こんな感じで!



たったこれだけです! d^^


「これも楽勝だゼっ」って?

これができてしまう人は、
簡単にできる事をやっても、意味がありません!

ずらす指の数を増やした訓練をしましょう。


難しいステップの事を行って、
「間違えるぐらいの難易度」に上げる事が大切です!


この指運動で訓練すると、認知機能を保つようになれます♪


ずーっと以前に、亡くなった祖母を思い出しました。

83歳まで生きてましたが、
その亡くなる直前まで、自営の仕事を手伝っていたんです。

もちろん、ボケてはいませんでしたし、
杖も使わずに、ガンガン歩いてましたよ!

今思えば、その祖母もよく指を動かしていました。

この方法、いったい誰に教わったんでしょう?


■指以外にも!

実は、
と同じぐらいに多いことが、顔面にもあるんです♪

「噛む」とか「会話をする」ことは、
同様に、脳の広い領域を使っています。

その次は「足」(=歩く)ことです。

「指を使う」「噛む」「会話する」「歩く」ことで、
脳を総合的に使って、活性化することが可能になります。


アルツハイマー病の予防に効果的な食べ物

次は、
アルツハイマー病の予防・改善に効果がある食事について。

実は、意外な食べ物に予防効果があるんです!

なんだと思います?


それは、、、 カレー です!


カレー粉の中に含まれている「ウコン」に秘密があります。

もっと言えば、
ウコンの中に含まれる「クルクミン」が、
アルツハイマー病の予防に効果的といわれています。


実際、インドなどのカレーをよく食べる地方では、
アルツハイマー病の患者が、少ないんだそうです。


アルツハイマー病を予防する食べ物「カレー」



な~んだ!
もったいぶった割に、カレーかよ~

カレーだったら 習慣的に食べてるぜぇ~ (^^)v


ちょっと待って!

カレーといっても、
クルクミンが、たくさん入っている必要があります!

「カレーが良い」というより、
カレーの中の、ウコンの中の「クルクミン」が良いんですから。


クルクミンは、売っているので、
カレーの中に、それを追加してあげればいいですね!



他に、
アルツハイマー病の予防が期待される食べ物は、

  • 緑茶
  • ワイン
  • 青魚
  • 地中海料理(ブイヤベースなど)
  • オリーブオイル
  • ガム

などがあります。


青魚の中に入っている「オメガ3」という脂肪酸も、
認知症の予防になることが分かっています。


緑茶「カテキン」や、ワイン「ポリフェノール」
オリーブオイル「オレイン酸」なども同様に、
アルツハイマー病の進行を遅らせたり、予防が期待できます。


アルツハイマー病に効果がある感情

アルツハイマー病の簡単にできる予防方法!

感情も、脳を刺激するので、
アルツハイマー病に効果を及ぼすと言われています♪


■「誉める!」

「誉める」と、脳の中から神経伝達物質が出ます。

ドーパミン(快感)エンドルフィン(幸福感)が、
脳の神経細胞を増やします。


誉めてあげることによって、
もの忘れの進行を、ゆっくりにすることができます。


■「怒る!」

逆に「怒る」と、
ストレス物質(コルチゾール)が出ることによって、
脳の神経細胞を殺してしまい、症状が加速してしまいます。

「誉めると、緩やかに!」「怒ると、加速する!」


はい、
ここ大事なので、試験にでま~す。(いつの?)


そして最後に、とっておきの感情を … ♪


■「ときめく!」

1番効果が高いのは「ときめき」です♪

「ときめく」と、脳がすごく活性化して、
良い物質がたくさん出て、神経細胞を増やしていきます。


えぇ~ … 恋愛って ,,,

別に、ときめく相手が人である必要はありませんよ!


例えば、
自然を愛するとか、花を愛するとか、
いろんなものに、愛情やときめきを持つのも効果的です。

そういう意味では、趣味を持つ事も効果的ですよね♪


「ときめき!」は、効果MAX!!


はい、ここも試験にでま~す。(だから いつの?!)



さらに近い将来、
「アルツハイマー病は、薬で治療することが可能になるのでは!?」
とも言われています。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/01/03 健康・医療 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑